次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カジノ法案が衆議院を通過! 国内にカジノが・・

ニュース

カジノ法案が衆議院を通過! 国内にカジノが・・

カジノ法案がついに衆議院を通過してしまった!

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は19日の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。法案を確実に成立させるため、政府・与党は20日までの今国会の会期を1カ月程度、延長する調整に入っている。

出典:毎日新聞

IRの経済効果は、大和総研が2017年5月に試算。北海道、横浜、大阪にIRを作った場合は建設・運営で計約7兆円という。誘致を目指す大阪府も17年に計約1・9兆円と試算した。野党は海外の失敗事例も含め、負の影響も示すよう政府に求めたが、政府側は「立地や事業者のビジネスモデルが未確定」として示していない。採決前に野党6党派が国会内で行った政府からの合同ヒアリングでは「政府からビジネスモデルが出ないのは無責任だ。国民に説明できない」などの批判も出た。

 カジノで得られた収益は、IR運営費やギャンブル依存症対策費に充てられる。そもそも収益がどの程度上がるかも疑問視されているが、石井啓一国土交通相は6日の審議で「収益が上がる計画を作らないと認定しない」と説明するにとどめた。1日の審議では、阿部氏が「世界最高水準の規制と収益を上げることは相反する」と質問。安倍晋三首相は「厳しい規制で健全に運営されることで得られるカジノ事業の収益を活用して(依存症対策を)推進する」と述べるなどして正面から答えなかった。

出典:毎日新聞

与党は、週内にも参院での審議に入りたい考えだが、立憲民主党などの野党は法案に反対している。採決に先立ち、野党6党派は、大島理森衆院議長に、IR実施法案などの成立を目的とした会期延長に反対する考えを伝えた。

 法案は全国3カ所を上限にカジノや国際会議場、ホテルなどを一体化した統合型リゾートの整備を認めるもの。日本人と国内居住の外国人が入場する際に6000円を徴収する。「週3回かつ28日間で10回」の入場制限も設ける。新設する行政機関「カジノ管理委員会」が事業者を選定、管理する。

出典:毎日新聞

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ